FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.12.28

ココカラ、ミンナガミエルヨ

昨日、見に行ってきました鉄コン筋クリート。
あの雨の中。案の定悲惨なことになりました。

アジカンが主題歌を担当したことと、松本大洋が原作だということもあり、気になっていたので見てきました。
僕はピンポンが大好きなんですが、鉄コンは読んだことなかったんでどんな話なのか楽しみにしていました。
思いのほかバイオレンスで、個性があって人情味溢れる良い登場人物達が次々に死んでいって、なんかだか悲しい話でしたね。
けど、リアリティーがあるからこそいいんだろうな。
なんというか色々と考えさせられる良い作品だなぁと思いました。
映像はとにかくクオリティが高くてびっくりしました。
本当に芸が細かくて、建物ひとつひとつにしても手が込んでて、時間かけて作ってんだろうなぁと。
完全にあの世界に引き込まれましたね。
あの世界観は好きだなぁ。
個人的にはシロの声(蒼井優)が独特の声や言い回しをしていて非常に良くて、ナイス人選と思うんだけど、Dr.コトーのときと比べると偉い変わりようで、戸惑いました。
うん、その、なんていうか「おっぱいボイ~ン」には正直吹いた。
あと、最後に或る街の群青が流れるを知っておきながら、「アレ?これホントに流れる」のって若干焦りました。
まぁ見てみれば分かると思いますが。
群青は既に聴き倒していたので、映画の最後に聴いたところで大した印象は受けないだろうと思っていたんだけど、違いましたね。
また映画の最後に聴くと違うもんですね。
この映画を見たことにより、より歌詞の意味を理解できたというか、曲と親密になれたというかね。
印象が変わりましたよ。
この映画の最後に良い余韻を残して、締めくくってくれました。
一回見ただけじゃ物足りないので、あと3回くらい見たいな。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://casioman.blog50.fc2.com/tb.php/205-1626838f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。